チームの紹介

「お客様の成功が私たちの成功につながります。それがオムニアクティブの原動力になっています」

サンジャイ・マリワラ

創設者、CEO兼執行役員会長

栄養補助食品、医薬品、及び消費財業界における豊富な経験を持つ当社の経営陣は、革新的なソリューションを市場に提供すべくチームを主導し、チームが力を発揮できるようにしています。そして、戦略的成長と顧客中心型のアプローチに重点を置いて取り組むことにより、業界の未来の形成に貢献しています。

エグゼクティブチーム

最高商務責任者

アダム・アデルマン

人物紹介はこちら

アダム・アデルマンは、約20年に及ぶB2B/業界における経験があります。これまでに、ロンザ、カプスゲル、エアー・プロダクツ、ファイザーなどの企業でリーダーシップ職を歴任してきました。事業開発、戦略的成長計画の策定、及びイノベーションの推進とハイパフォーマンスチームの構築・指揮に関する幅広い専門知識があります。

アデルマンは、米国ペンシルベニア州のウェストチェスター大学で理学士号を取得し、ペンシルベニア大学ウォートン校で学びました。

最高財務責任者

カピル・アフージャ(Kapil Ahuja)

人物紹介はこちら

カピル・アフージャは、主に消費財と製薬の分野において20年にわたる経験があります。戦略開発・分析・計画立案、業績管理、企業財務、コスト最適化、M&A、合弁事業管理、取締役会ガバナンス、共有サービス、及びIT改革に関する強力な専門知識を備えています。オムニアクティブに来る前は、センティス・ファーマ(Sentiss Pharma)でグローバルCFOを務めていました。それ以前は、シプラやモンデリーズ・インターナショナルに勤務し、さまざまなインド国内の職務や国際的な職務を歴任しました。

アフージャは、英国のマンチェスター・ビジネス・スクールで財務・戦略のMBAを取得し、インドのカリカットにあるインド国立工科大学(National Institute of Technology)で科学技術学士号を取得しています。

最高イノベーション責任者

アルン・バラクリシュナン(Arun Balakrishnan)、Ph.D.

人物紹介はこちら

アルン・バラクリシュナンは、学術や研究、また、ビジネスの分野における豊かな経験を持っており、その経験を活かしてオムニアクティブの研究開発取り組みを指揮しています。主に、お客様のニーズに基づいたプロジェクトの迅速な実行プロセスの確立、送達プラットフォームの開発、既存製品の改善を担当しています。

これまでに、チェンナイのアンナ大学バイオテクノロジーセンター(Centre for Biotechnology, Anna University)で教授/研究職に就いていた経験があるほか、ピラマル・ライフサイエンシズ(Piramal Lifesciences)の天然物部門スクリーニング・渉外担当シニアVP(Senior VP for Screening and External Liaison of the natural products division)を務めた経験もあります。バラクリシュナンは、マドラス大学で化学の学士号と、生化学の修士号及び博士号を取得しています。

最高執行責任者兼カントリーヘッド – インド

チャイタニヤ・デイサイ

人物紹介はこちら

チャイタニヤ・デイサイは、原料調達から最終製品製造まで、業務管理における豊富な経験を持つベテランの製薬業界幹部として、オムニアクティブの主力植物成分・エキス(Specialty Botanicals and Extracts)部門のオペレーション、ビジネス、及び営業担当部署の調整、指導、指揮を行っています。約40年に及ぶ経歴の中で、カディラ・ファーマシューティカルズ(Cadila Pharmaceuticals)、ユニマーク・レメディーズ(Unimark Remedies)、シャスン・ドラッグ&ケミカル(Shasun Drug and Chemical)、サンマー・スペシャルティー・ケミカルズ(Sanmar Specialty Chemicals)などの著名企業において、目に見えるリーダーシップを発揮してきました。

デイサイは、ムンバイの化学技術研究所(Institute of Chemical Technology)で理学士の学位を取得しています。

最高人事責任者

アクシェイ・ケジリワル

人物紹介はこちら

アクシェイ・ケジリワルは、シプラ、インフォシス、TNT Indiaといった企業で15年以上の経験を持ち、さまざまな地域においてグローバルな商業活動に向けた人材管理を指揮してきました。特に、人材獲得・採用、パフォーマンス設計、ボーナス、ESOP計画、及び人事プロセス/システム/インフラストラクチャーの構築に関する専門知識に秀でています。

ケジリワルは、経営・人事学シンバイオシスセンター(Symbiosis Centre for Management and Human Resources)で人材開発のPGDMを取得しており、また、IDEO(イノベーションに向けたインサイト[Insights for Innovation])及びコーン・フェリー(職務評価方法[Job Evaluation Methodology])からライセンス及び認証を取得しています。

最高マーケティング責任者

キンバリー・スミス

人物紹介はこちら

キンバリー・スミスは、栄養補助食品、、飲食品、及びパーソナルケア業界において、栄養成分に関する22年以上の経験を有しています。ロシュやDSMで、マーケティング、事業開発、総合管理におけるさまざまなリーダーシップ職を歴任してきました。オムニアクティブに入社する以前は、DSMニュートリショナル・プロダクツ(DSM Nutritional Products)の栄養補助食品・医薬品部門担当副社長(Vice President, Dietary Supplements and Pharmaceuticals)を務め、事業戦略を策定・主導して、同部門の新たなビジネスチャネルを確立させました。

栄養を手軽に利用できるようにすることに情熱を持ち、起業家的なアプローチでこの職務に取り組んでいます。スミスは、カリフォルニア大学バークレー校で統合生物学の理学士号を取得しています。

取締役会

CEO兼執行役員会長

サンジャイ・マリワラ

人物紹介はこちら

サンジャイ・マリワラは、自然食品やサプリメント成分の分野において30年以上にわたる経験を持つベテランの起業家です。オムニアクティブの設立メンバーであり、戦略面や財務面においてグローバルチームを監督・指導しています。以前は、1990年から2014年まで、カンコール・イングリディエンツ(Kancor Ingredients)の代表取締役を務めていました。また、インド香辛料事業者団体(India Pepper & Spice Trade Association)、全インド香辛料輸出業者フォーラム(All India Spices Exporters Forum)、インド工業連盟(Confederation of Indian Industry)、インド商業会議所(Indian Merchant’s Chamber)、インド人起業家支援組織(The Indus Entrepreneurs:TIE)、FICCIなど、多くの専門団体や業界団体に名を連ねています。

ジャムナラル・バジャージ経営学研究所(Jamnalal Bajaj Institute of Management Studies)で税務管理の学位を取得し、インド経営大学院アフマダーバード校(Indian Institute of Management[Ahmedabad])及びスタンフォード大学経営大学院(Stanford Graduate School of Business)で経営者研修プログラムを修了しています。

ケトキー・バグワティ

人物紹介はこちら

ケトキー・バグワティは、世界銀行グループの民間融資部門である国際金融公社(IFC)で最高投資責任者を務めています。IFCの前には、ムンバイのインド信用格付け情報サービス(Credit Rating Information Services of India:CRISIL)に勤務していました。

ナレーシュ・パトゥワリ

人物紹介はこちら

ナレーシュ・パトゥワリは、インドやさまざまな新興市場における、医療、製薬、及び消費者向け産業への投資を専門としています。Indira IVFホスピタル(Indira IVF Hospitals)、TCNSクロージング(TCNS Clothing)、及びシルパ・メディケア(Shilpa Medicare)で取締役を務めています。2014年にTAに加わる以前には、ムンバイのICICIベンチャー(ICICI Venture)のプリンシパル、ニューヨークのマッキンゼー・アンド・カンパニーのエンゲージメント・マネージャー、シュルンベルジェのフィールド・マネージャーを歴任しました。パトゥワリは、インド工科大学(Indian Institute of Technology:IIT)カラグプール校で優等な成績をおさめて機械工学の科学技術学士号を取得しており、また、ダートマス大学タック経営大学院(Tuck School of Business)でMBAを取得し、優秀生(Edward Tuck Scholar with Distinction)として卒業しています。

ディラージュ・ポダール

人物紹介はこちら

ディラージュ・ポダールは、TAアソシエイツ・アドバイザリー(TA Associates Advisory Pvt.Ltd)のインドにおける事業運営を主導し、インドやその他の新興市場の企業に対する投資を専門としています。これまでに、金融サービス、テクノロジー、ヘルスケア、ビジネスサービスの領域で、11以上の投資について助言を行ってきました。プライベート・エクイティ業界で15年以上にわたる経験があり、2010年にTAに加わりました。ポダールは、インド勅許会計士協会(Institute of Chartered Accountants of India)の資格を有し、インド経営大学院アフマダーバード校でMBAの学位を取得しています。

ミリンド・サルワティ

人物紹介はこちら

ミリンド・サルワティは、アドバイザーやメンターとして、マヒンドラ・ファイナンス(Mahindra Finance)、マインドツリー(Mindtree)、グレンマーク(Glenmark)、メトロポリス(Metropolis)、Matrimony.comなど、複数の企業で取締役を務めた経験があります。2015年にはインクリエイト(Increate)を設立し、36年にわたる自身の経験を活かして、組織/個人がビジネスや社会的価値を発見し、開発し、提供していくことができるよう支援しています。

リーンダルト・スタール、Ph.D.

人物紹介はこちら

リーンダルト・スタールは、2008年1月から2013年3月までDSMニュートリショナル・プロダクツ(DSM Nutritional Products)の社長兼最高経営責任者を務め、それ以前にはDSMファーマシューティカルズ(DSM Pharmaceuticals)の社長兼最高経営責任者を務めるなど、DSMグループ内で数多くの上級職を歴任しました。また、クエスト・インターナショナル(Quest International)のグループ副社長や、ユニパス(Unipath、ユニリーバの完全子会社)の会長を務めた経験もあります。

お問い合わせ先

当社の製品、技術、あるいは企業情報についてご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください?

お気軽にお問い合わせください。