カカオ種子

血糖値の管理

形状:エキス粉末

有効成分:テオブロミン

基本情報:カカオ種子は、メキシコ原産のカカオの木からとれる種子です。カカオには、フラバノール(エピカテキンを含む)やプロシアニジンを始めとするフラボノイド類など、さまざまな植物化学物質が含まれ、心血管系に対する作用や血糖値管理との関連性が示されています。

 

健康効果のカテゴリー:

  • 血糖値の管理
  • 心臓の健康

 

作用機序:カカオ中のポリフェノールが、次のような仕組みを通じて血管の健康をサポートするのではないかと考えられています:

  • LDLの酸化抑制
  • リポキシゲナーゼの活性阻害
  • NFκB及びAP1転写因子の活性阻害による炎症性遺伝子(IL1β、IL2、IL4、IL6、TNFα、iNOSなど)の発現抑制
  • 細胞接着タンパク質、走化因子、及びメタロプロテイナーゼをコードする遺伝子の発現阻害
  • 内皮型一酸化窒素合成酵素の活性亢進
  • アルギナーゼの活性阻害
  • 血小板凝集の抑制
  • HDL値の上昇、LDL値及びトリグリセリド値の低下

 

オムニアクティブのカカオ種子の利点:

  • 競争の激しい市場において差別化を図りたいとお考えですか?科学、規制、及びマーケティングに関する当社の専門知識をどのようにお客様のビジネスの成長に役立てることができるか、詳しくは当社までお問い合わせください。

お問い合わせ先

当社の製品、技術、あるいは企業情報についてご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください?

お気軽にお問い合わせください。
OmniActive - contact us